これでバッチリ!モルディブ旅行に関するQ&A

メニュー

ホーム これでバッチリ!モルディブ旅行に関するQ&A

モルディブ旅行に関するQ&A

貴方だけに極上のモルディブ旅行をお届けする「リゾート&サファリ株式会社」。ここではよくあるご質問と、その回答をご紹介します。貴方のモルディブ旅行のご参考にお役立てください。
回答をご覧になりたい質問をクリックまたはタップしていただくと表示されます。

モルディブに行くのにビザは必要ですか?
到着した際に30日間のビザを無料で発給されるため(=ビザ・オン・アライバル)、30日以内の滞在なら日本でビザを取得する必要はありません。
パスポートの有効期限はどのくらい必要ですか?

6ヶ月+滞在日数必要です。
ご旅行時にパスポートの残存期間が6ヶ月を切る場合は、切り替え申請をお願い致します。
また、経由地のシンガポール、スリランカ、UAE、タイなどに入国される場合も6ヶ月以上必要です。

*パスポート申請の詳細については、こちら(外務省のサイトにジャンプします)をご参照下さい。

結婚して名字が変わりましたが、パスポートはそのままでも大丈夫ですか?
大丈夫です。航空会社・リゾートへのご予約は、パスポート記載のお名前(旧姓)でのご予約となります。
リゾート特典って何ですか?
ハネムーンのお客様や、早期にご予約されたお客様などに、各リゾートが設けているサービスです。シャンパンボトルサービス、ディナー、スパトリートメントなど、リゾートによって様々な特典がありますので、お問い合わせください。
成田空港発着以外でも申し込めますか?
航空会社によっては羽田・名古屋・大阪・福岡など、成田空港発着以外の設定がある場合もあります。詳細はお問い合わせください。
航空会社のマイレージ特典などで航空券を別に手配していますが、リゾートのみの手配はしてもらえますか?
はい。リゾートのみのお手配でもご遠慮なくお申し込みください。
現地でウェディングをしたいのですが可能でしょうか?
リゾートによって、ウェディングができるところもあります。現在は約20ヵ所のリゾートでウェディングができますので、お問い合わせください。
また、写真撮影のみ行うフォトプランもございます。もう一度ウェディングドレス&タキシードを身にまとって、モルディブの碧い海をバックに記念撮影されてみてはいかがでしょうか?
どこのリゾートがおすすめですか?
お部屋、ビーチ、お食事、特典、ご予算によって、選ぶリゾートも異なってきます。お客様のお好みに合ったリゾートをご紹介します。
どこのリゾートのお食事が美味しいですか?
リゾートやレストランによって、ブッフェかアラカルトやセットメニューになります。料理の充実度は、料金によるところでもありますが、美味しいかどうかはやはりお客様の好みが一番の判断材料になります。
マーレからリゾートまでは、どうやって行くのですか?
スピードボート、水上飛行機、モルディブ国内線など、リゾートとの距離によって異なります。
その日のうちにリゾートに入れますか?

マーレからリゾートまで水上飛行機を利用する場合、夜間の発着ができないため、マーレ着が夜遅くになる日本からのご出発の場合は、マーレで1泊して翌日リゾートへ移動します。

当日移動できる環礁:北マーレ環礁・南マーレ環礁(スピードボート)、ハーアリフ環礁・アッドゥ環礁・ガーフアリフ環礁・ラーム環礁、アリ環礁南部、バア環礁一部(国内線+スピードボート)など。

マーレ1泊が必要な環礁:ラヴィヤニ環礁・バア環礁・アリ環礁・ファーフ環礁・ダール環礁・ヌーヌ環礁(水上飛行機)など。

※フライトによっては、マーレに昼~午後に到着するスケジュールもございます。その場合は、水上飛行機利用のリゾートに当日移動も可能です。また、水上飛行機移動でも、国内線利用が可能なリゾートも一部ございます。お問い合わせください。

モルディブには、持ち込みや持ち出し制限はありますか?
入国時の通貨の持ち込み制限はありませんが、イスラム教の国ですので、豚肉・豚肉の加工品・ポルノ雑誌・アルコール類と、麻薬などの持ち込みは禁止されています。出国時も通貨の持ち出し制限はありませんが、べっこう・黒珊瑚(加工品除く)・貝殻・砂などの自然物に関する持ち出しは厳禁です。
現地通貨への両替は必要ですか?
リゾートではUSドルを利用できます。マーレの町でもUSドルが使用可能ですので、現地通貨への両替は必要ありません。
ダイビング器材を持って行きたいのですが、重量オーバーになってしまいますか?

スリランカ航空、シンガポール航空、エミレーツ航空は、無料預け荷物(ダイビング器材も含む)は、エコノミークラスが30kgまで、ビジネスクラスが40kgまでです。以前よりも無料分の重量が増え、嬉しいサービスとなりました。

他の航空会社は、エコノミークラスが20kgまで、ビジネスクラスが30kgまでとなっております。

モルディブはどんな気候ですか?
年間を通して平均気温26~33℃という高温多湿の熱帯性で、12~4月はさわやかな風が吹く穏やかな乾季、5~10月は雨が多くて風も強い雨季です。雨季には1日1~2回はスコールに見舞われる場合もあります。乾季と雨季では海で見られる生き物の種類が異なります。
飛行機では隣同士の席にできますか?
事前座席指定が可能な航空会社もございます。詳細はお問い合わせください。
飛行機のリコンファームは必要ですか?
必要ありません。
現地でトラブルにあった時はどうすればいいですか?
当社からご案内する最終日程表に記載してある現地緊急連絡先へご連絡ください。日本語での対応が可能です。
持って行くと便利なものはありますか?
  • 常備薬(偏頭痛持ち、胃痛持ちなどであれば、普段服用されているのが良いでしょう。乗り物酔いするようでしたら、酔い止め薬も)
  • シャンプー・リンス・トリートメント(お部屋にありますが、リンスインシャンプーが多く使い慣れたものをお持ちになる方が多いです)
  • 日焼け止めグッズ(帽子、サングラス、日焼け止めなど。つばのある帽子や日傘、長袖の衣類があれば尚良いでしょう。 その際、UVを通しにくい濃い色の生地、目の詰まった綿の生地を選ぶと、より効果的です)
  • 薄手の長袖(カーディガン)や女性はショール(日焼け防止と冷房で寒い時にも、両方使えるので便利です)
  • 小分けのビニール袋、爪きり、ハブラシ&歯磨き粉(ゴミが出ないよう、エコロジーで置いていないところが多いです)
  • 水出しのお茶パック(ミネラルウォーターだけだと飽きてしまいます)
  • デジタルカメラのメディア(カメラのSD)ビデオテープ、インスタントカメラなどは現地では非常に高価です。
  • USドルの小額紙幣(チップ用)、本(モルディブの波の音をBGMに読書ができて、贅沢なひとときが過ごせます)
日本との時差はどれくらいありますか?
モルディブは日本より4時間遅れです。日本が正午の場合、モルディブでは午前8時となります。ただし、リゾートによってはマーレより1時間早い「リゾートタイム」と呼ばれるリゾート独自の時間を設けているところもあります。
チップは必要ですか?

はい。モルディブではチップが習慣化しています。あくまでもお客様の気持ち次第ではありますが、下記相場をご参考いただき、スタッフへ渡されることをおすすめいたします。

  • ポーター・・・お荷物1個につき2~3USドル。
  • 客室係・・・1部屋で1日につき2~3USドル。
    バトラー・・・1日15~20USドル×滞在日数。
そのほか、レストランのウェイターやボートクルー、リゾートスタッフなどに特別なお願いをした場合には、感謝の気持ちとしてその都度の心づけを渡すのが望ましいでしょう。
レストランやリゾートではどんな服装が良いですか?

ラグジュアリーなリゾートやアラカルトレストランでは、男性なら襟のあるポロシャツなど、女性ならサマードレス程度のちょっとしたおしゃれをして楽しむのが良いでしょう。ブッフェスタイルのカジュアルなレストランでは、Tシャツなどでも差し支えありません。

リゾート内ではもちろんカジュアルな服装で問題ありませんが、漁民の島など現地の島へ行くツアーでは、宗教上、女性の方は肩や膝が出る露出の多い服装はお避けください。
レストラン以外でも食事はできますか?
リゾートによっては、サンドバンクでのピクニックやディナー、星空の下でのキャンドルライトディナー、無人島でのピクニックなど、お客様のご要望に応じて手配をしてくれるところもあります。また、インヴィラダイニングと呼ばれるルームサービスで、お部屋でゆっくり寛ぎながらお食事するのも良いでしょう。
エクスカーションって何ですか?
各リゾートが開催するオプショナルツアーの事で、シュノーケリングサファリ、アイランドホッピング、サンセットフィッシングなど、内容はリゾートによってさまざまです。内容によって催行日や時間、人数が決められていますので、現地でご確認ください。
電圧とプラグの形はどうなっていますか?

電圧は220~240V、周波数は50Hzで、日本から電化製品を持ち込む場合には、変圧器が必要なものと海外対応可能のものがあります。 海外対応可能な電化製品は変圧器なしでご利用いただけるのですが、それぞれお持ちの機器によって異なりますので、取扱説明書や各メーカーにお問い合わせください。

プラグの型は平ピン三叉のBFタイプが主流です。リゾートによっては客室にマルチプラグを貸し出ししている場合もあります。
スパやレストランは、予約が必要ですか?
アラカルトレストランやスパでは、ご希望のお時間に予約が取れない場合や、ご希望のお席に座れない場合がありますので、ご予約をされた方が望ましいでしょう。ご予定が決まったら、現地到着後、お早めにご予約をされることをおすすめします。
リゾート内にコンビニエンスストアのようなお店はありますか?
残念ながらありません。滞在中必要と思われるものは、できるだけ日本からご準備してお持ちください。ただし、環境保護の観点から、なるべくゴミを出さないご配慮をお心がけください。
雨のときのオススメの過ごし方はありますか?
のんびり読書をしたり、スパで心と体を癒やしたり、卓球やビリヤード、ジムに行く、バーで過ごすなど、雨でも屋内で十分に楽しむことができます。
支払いはいつすれば良いでしょうか?

チェックアウト時にクレジットカードや現金(USドル)でまとめて精算ができるので、その場のお支払いは全てサインで済みます。ただし、一部リゾートでは、ダイビングセンターやギフトショップなど別精算になっているところもあります。

なお、クレジットカードは、ビザ、マスター、アメックスでしたら、殆どのリゾートでご利用いただけます。
リゾートの出発時間はいつ決まりますか?
ご出発前日の夕方から遅くても当日朝には決まります。お早めにバトラーやゲストリレーションにご確認ください。
リゾートの出発が夕方なのですが、出発までお部屋を使うことはできますか?
チェックアウトは基本的に12時です。リゾートによっては、お部屋に空きがあって追加代金を支払うことにより、ご出発までお部屋を利用することもできます。
英語が苦手なので、滞在が不安です

現在多くのリゾートに日本語ができるスタッフが常駐していますが、せっかくなので英語でコミュニケーションをとってみてはいかがでしょうか?

こちら側の伝えようとする気持ちが相手にも伝わるので、思ったよりも英語でコミュニケーションをとるのは難しくありません。翻訳アプリなどを活用するのもよいでしょう。

また現地の言葉(ディベヒ語)でスタッフに話しかけると、とても喜ばれます。挨拶や簡単な単語を覚えて、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

万が一緊急の場合には、最終日程表でご案内する現地緊急連絡先にご連絡いただければ、日本語スタッフが対応いたしますのでご安心ください。

マーレの町で買い物をしたいのですが

お帰りの際、ご出発のお時間によってマーレの町でフリータイムがある場合があります。ボートから降りた時にガイドだと偽って近づいてくる現地の人がいますが、これは無料ではありませんので、くれぐれもご注意ください。

また、お買い物をする際にも、必ず交渉をして納得の行くお値段でお買い求めください。